藻のお暇

27歳無職のLifelog

雨とコーヒー

f:id:moormizukusa:20210819005148j:plain

外は今日も雨

みなさん、こんにちは。先週から西日本を中心に大雨が続いたり、関東でもゲリラ豪雨が発生したりと、天気が心配な日が続きますね。私の住んでいる街では、お盆に避難指示が発令されてから、勢いは収まりましたが、ずっと雨が続いています。

家を一歩も出ない日が続く中、最近私がはまっていることは、コーヒーを飲むことです。正確に言えば、いつも飲むコーヒーをちょっと違う形で飲むことにはまっています。

働いていた時は、お店で挽いてもらったコーヒーをフレンチプレスで飲むのが好きでしたが、無職になった今はもっぱらスーパーで1番安いインスタントコーヒーを飲んでいます。そこで今回は、最近はまっているインスタントコーヒーの美味しい飲み方を紹介したいと思います。

濃いめがいいよね

SNSで知った氷コーヒー。凍らせたコーヒーに、牛乳や水を注いで飲む飲み物です。氷を入れたコーヒーと違って、味が薄まらないのがいいところ。ミスタードーナツでも販売されているようです。

作り方は、濃いめに作ったコーヒーを製氷機に注いで凍らせるだけ。今回は牛乳を注いで、アイスカフェオレにしてみました。

f:id:moormizukusa:20210809203410j:image

ゆっくりとマーブル模様に融けていくコーヒーを眺めながら、ちょうどいい濃さになるまで待ちます。氷の水分で薄まらないので、いつもよりちょっとリッチなアイスコーヒーに。氷と比べてとけるスピードも遅いようだったので、牛乳をつぎ足しながら楽しむこともできました。

泡のしあわせ

続いて紹介するのは、カプチーノです。おうちでカプチーノを飲むには、高機能なコーヒーマシンがないとできないと思っていました。しかしネットで調べたところ、100均のミルクフォーマーを使えば簡単に作れるとのこと。早速最寄りの100均に行って購入しました。

f:id:moormizukusa:20210816171024j:image

泡の作り方は、温めた牛乳をミルクフォーマーを使って泡立てるだけ。ものの数秒できめ細やかな泡ができます。できた泡を少量のお湯で濃い目に作ったコーヒーに注げば完成です。

f:id:moormizukusa:20210815232741j:image

飲んでみると、牛乳の甘味を感じるふわふわの泡が、濃い目の苦いコーヒーを包んで、とても美味しかったです。気軽にカフェクオリティーのコーヒーができるので、小さな感動を味わえました。牛乳を泡立てると3倍くらいにかさが増えるので、少しの材料でできるのもいいなと思いました。

乗り遅れたトレンド

ミルクフォーマーを使ってみて、「あの飲み物も作れるのでは?」と思ったのが、昨年流行ったダルゴナコーヒーでした。ダルゴナコーヒーとは、泡立てたコーヒーを冷たい牛乳の上に注ぐ、カプチーノを逆転したような飲み物です。お湯にインスタントコーヒーと砂糖を加えたものを泡立てて、牛乳の上に注いで完成です。

f:id:moormizukusa:20210816162734j:image

カップに口をつけると、暖かいコーヒーのふわふわの泡の後に、冷たい牛乳が流れ込んできました。口の中で甘いカフェオレが完成するような塩梅です。コーヒーと牛乳、それぞれの味や食感や温度の違いを味わえて、一風変わった新しいコーヒーでした。

まとめ

外から雨音のする、クーラーの効いた部屋の中で、美味しいコーヒーを飲む。家にいながらカフェにいるような気持ちになれます。長いおうち時間の中で、気分転換の1つとして定着しそうです。ゆくゆくはラテアートができるようになりたいな...とそんな風に思っています。もし上手くできたら、またブログで紹介しますね。

以上、ここまで読んでいただき、ありがとうございました。(^^)